訪問見積もりを上手に活用して引越の料金を安くしましょう

 

最近は見積もりをする時間がない、面倒だという理由から、引越しをするときに業者に訪問見積もりを頼まない人が増えています。
しかし、業者の訪問見積もりをうまく利用すれば引越料金の値下げをすることも可能ではありません。
しかし、料金の値下げ交渉は業者と直接行ったところで意味はありません。
ただ理由もなく「もっと安くしろ」などと言っても安くしてもらえません。
安くしてもらうには、競争相手の同業他社を引き合いに出し、料金の値下げ競争をさせるという方法が有効です。
業者との値下げ交渉をするときには、「今日契約をしていただいたらこれくらいの料金にします」という常套句に乗らないようにしましょう。
返事をすぐにしても、遅くしても料金が変わることはないからです。
簡単に料金を変えるような業者は安易に信用しない方がよいでしょう。
引越しの料金を安くしてもらうには、まず、大まかな料金を計算できるサイトを利用したり、複数の業者から一括見積もりを請求できるサイトを利用して、複数の引越し業者の見積もりを出してもらいます。
そのあと、料金が大体同じくらいの2、3の引越し業者の担当者を同じ日の同じ時間帯に同時に呼んで、訪問見積もりをしてもらうのです。
このとき、各業者の担当者を30分ぐらい時間をずらして呼ぶようにし、わざと複数の見積営業担当者同士がすれ違うようにし向けます。
このようにしますと、料金の料金交渉をより優位に進めることができます。