トラブルを防ぐために

 

私はいままでに、五回か六回ほど、引越しを行なってきました。
それが、多い数か少ない数かはわかりませんが、特別少ないというわけではないでしょう。
私よりも少ない回数しかしたことがないという人も大勢いるのではないでしょうか。
そうした何度もの引越しの体験をしてきたのですが、いままでに一度もトラブルというものを経験したことがありません。
ところが、私の友人などでは、話を聞くと、トラブルにあったという人は少なくないのです。
例えば、荷物を運搬中に、荷物を落としてしまい中の物を壊してしまったということや、あるいは、その荷物を壁にぶつけて、傷つけてしまったというようなことです。
他にも色々とトラブルはありますが、そうした荷物運搬のさいのトラブルが一番多いのではないでしょうか。
どうしてそのようなことになるのかというと、やはり、荷物が重すぎるのがひとつの原因ではないでしょうか。
荷物をつめたダンボールの箱を少しでも、少なくしようと考えるあまりに、荷物を詰め込みすぎて、重たくなっているのです。
重たい荷物は、なかなか運びにくく、その結果何処かへぶつけたり落としたりしてしまうのです。
ですから、ちょっとぐらいダンボールの箱が増えてもいいので、運びやすいように、軽くなるようあまり詰め込み過ぎないのがいいのです。
また、あまり焦ったりしないように、時間的に余裕を持って行うというのも大事です。
そうしたことが、トラブルを防ぐことができるのです。